物憂げな第四期の幕開け



e0175784_1223866.jpg




新曲・ジャケットデザインと新作アーティスト写真 公開





ふふっ

さわおさんらしいな(*´ー`)














e0175784_1262642.jpg


藤城清治さんの影絵を彷彿とさせるな~


すったもんだあったらしいPVも少し楽しみ。笑
[PR]

by sr-moko | 2013-07-27 12:08 | the pillows | Comments(0)

まだ見てる 進む爪先を!


2013年9月16日をもってバンド結成25周年期間に突入するthe pillows結成25周年記念シングル“ハッピー・バースデー”

「もういいやって立ち止まった足は動く。明日が今日になって ハッピー・バースデー。」

闇と光の狭間で揺れ続けながらも、着実に歩みを続けてきたthe pillows。
結成から四半世紀の9月16日、彼らは記念日に何を思うのか。









2013年9月16日をもってバンド結成25周年期間に突入するthe pillows。
そして結成日である9月16日にシングルをリリースする。

タイトルは“ハッピー・バースデー”。勿論ピロウズらしく、結成記念日を無邪気に歌う楽曲ではない。
何かドラマのような紆余曲折あったバンドでは無い、誰もが知るヒット曲を持つ訳でもないバンドが、 曲がりなりにも何千人という人の前で活動をし、その心を打ち続けた理由。
日々の不安、人から見れば小さな出来事にも真摯に向き合い、それを表現し続けたからこそ。

24年間の活動を過ぎ迎えたその日、山中さわお、ザ・ピロウズにとって大事なのは“思い出したんだ生きて来たこと”。
そう、彼ら自身が着実な自らの歩みに改めて気付くこと。劇的な変化、刺激なんて無くても、ロックミュージックが好きでたまらないこと、 ライブをやることが楽しくてしょうがないこと、そしてそれを受け止めてくれる人たちがいること。その気持ちが続いている限りそれだけで十分。

誕生日を祝ってこれまでのそんな小さな喜びの繰り返しに思いを馳せる。そして明日が今日になって、さらに明日に一歩を進める。

実にピロウズらしく、そしてアニヴァーサリーをこれからの決意に変える、新たな代表曲の登場。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










私がピロウズを知ったのが20周年の年だったから丸4年経ったということですね。

  …まだ たったの4年( ̄∇ ̄;)



それでもライブにはいちばん数行っているし
(というかそもそもライブハウスデビューしたのがピロウズだし!笑)
一切の不安もない、心底信頼しているバンドはピロウズしかないと躊躇なく言える。

たった4年だけど それだけの思いを込められるバンドに出会えたことを心から感謝する。



それはひとえに

山中さわお という人の意思と生き様が培ってきた軌跡への尊敬が導いたもの









[PR]

by sr-moko | 2013-07-20 10:43 | the pillows | Comments(0)

運動塾の七夕まつり


憧れの体操選手と一緒に星に願いを!





e0175784_1215054.jpg




























うちむらせんせい いい笑顔だなぁ~ (*´∇`*)

KONAMI News Channel


☆未来の金メダリストにエール
[PR]

by sr-moko | 2013-07-09 12:00 | 内村航平or体操競技 | Comments(0)