9.24

9/24 庄司さんのブログ






9.24、東京、午後、雨。

本当だったら今日をもって、andymoriは解散する筈だった。
幸か不幸か、バンドは未だ解散していない。

現在の様な状態になっているバンドの前例を聞いた事がない分、
気持ちの置き場所が解らないでいるってのが、正直なところ。

いつ、どんなふうに、andymoriとしての決着を付けるか、
はっきりと明言出来ませんが、どうか今暫く見守って頂けると幸いです。


今現在抱えている仕事でワチャワチャしている僕ですが、
もし9.24武道館が予定通り行われていたら、
抱えてるものたちはどうなっていたんだろう、などと考えると不思議です。


涙の後には笑いがあるはずさ
誰かが言ってた 本当なんだろう













これはピロウズの曲だけれども
この曲が出来たいきさつを知らない人は首をかしげるかもしれないけれど

今、壮平と壮平を見守っているすべての人たちに






 思い出したんだ 生きていること

 もういいやって立ち止まった足は動く


 何千回も目を覚ましたんだね 僕ら

 先入観でくすんだ未来図も塗り替わっていく
 明日が今日になって ハッピー・バースデー














この曲が出来たのは去年の初めの頃だったということだけど

つい壮平のことを重ねてしまった。。
さわおさんが思いを馳せた人たちの中に彼もいるんじゃないかって。


自分でも驚くのだけど
あの一報が入った日から壮平のことを想わない日はないんだよね…


待ってるのは間違いないんだけど

待ってるからね!また以前と同じところに戻ってきてね! と(re:を)期待するのは止そうと思い直した。

それがまた彼の負担になってしまいそうで…
もちろん期待が回復の助けになるならそれに越したことはないけど。


今は何よりも身体の回復を願うだけ。


e0175784_1135324.jpg

[PR]

# by sr-moko | 2013-09-30 11:36 | 邦ロック | Comments(0)

信念のひと 計り知れない痛み


the pillows「ハッピー・バースデー」Special Interview
Kiyohiko Sasagawa(Interview File Cast)





Castの笹川さんがインタビュー。

涙がこぼれる

…もう何度目だろうか。



活動再開後のインタビューをいくつか読んできたわけだけども
どれもさわおさんだけ。

真鍋さんとシンイチロウさんの声も聞いてみたい、本当は。

ご法度とわかっていてもね。。




















More
[PR]

# by sr-moko | 2013-09-25 12:24 | the pillows | Comments(0)

「復活できたことに喜びを感じています」



2013年9月16日に結成25周年期間に突入するthe pillowsが、同日9月16日に活動再開後、初となるシングル「ハッピー・バースデー」をリリースする。the pillowsの活動休止中に発表された山中さわおのソロアルバム「破壊的イノベーション」はそれまでのソロとは違い、the pillowsを彷彿とさせるものだった。そこで感じたもの、メンバーへの思いを持って、その活動を再開させたthe pillows。25年目のthe pillowsの決意ともとれるシングル「ハッピー・バースデー」について山中さわおに話を訊いた。

2YOU--Music Free Magazine-- Pick-up Interview
















ここまで瀕死だったとは…


Buzzy Roars Tourが少しでも慰めになったのなら
ライブに参加した者として、とてもとてもうれしく思う












@上に新曲PVを貼ったけれども
毎度書いているように自分は「初聴きは盤で」、と固く決めているので未聴です(笑)。










10月号のTalking Rock! 表紙はピロウズ!!!!!


e0175784_6502791.jpg

[PR]

# by sr-moko | 2013-09-05 17:20 | the pillows | Comments(0)

物憂げな第四期の幕開け



e0175784_1223866.jpg




新曲・ジャケットデザインと新作アーティスト写真 公開





ふふっ

さわおさんらしいな(*´ー`)














e0175784_1262642.jpg


藤城清治さんの影絵を彷彿とさせるな~


すったもんだあったらしいPVも少し楽しみ。笑
[PR]

# by sr-moko | 2013-07-27 12:08 | the pillows | Comments(0)

まだ見てる 進む爪先を!


2013年9月16日をもってバンド結成25周年期間に突入するthe pillows結成25周年記念シングル“ハッピー・バースデー”

「もういいやって立ち止まった足は動く。明日が今日になって ハッピー・バースデー。」

闇と光の狭間で揺れ続けながらも、着実に歩みを続けてきたthe pillows。
結成から四半世紀の9月16日、彼らは記念日に何を思うのか。









2013年9月16日をもってバンド結成25周年期間に突入するthe pillows。
そして結成日である9月16日にシングルをリリースする。

タイトルは“ハッピー・バースデー”。勿論ピロウズらしく、結成記念日を無邪気に歌う楽曲ではない。
何かドラマのような紆余曲折あったバンドでは無い、誰もが知るヒット曲を持つ訳でもないバンドが、 曲がりなりにも何千人という人の前で活動をし、その心を打ち続けた理由。
日々の不安、人から見れば小さな出来事にも真摯に向き合い、それを表現し続けたからこそ。

24年間の活動を過ぎ迎えたその日、山中さわお、ザ・ピロウズにとって大事なのは“思い出したんだ生きて来たこと”。
そう、彼ら自身が着実な自らの歩みに改めて気付くこと。劇的な変化、刺激なんて無くても、ロックミュージックが好きでたまらないこと、 ライブをやることが楽しくてしょうがないこと、そしてそれを受け止めてくれる人たちがいること。その気持ちが続いている限りそれだけで十分。

誕生日を祝ってこれまでのそんな小さな喜びの繰り返しに思いを馳せる。そして明日が今日になって、さらに明日に一歩を進める。

実にピロウズらしく、そしてアニヴァーサリーをこれからの決意に変える、新たな代表曲の登場。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










私がピロウズを知ったのが20周年の年だったから丸4年経ったということですね。

  …まだ たったの4年( ̄∇ ̄;)



それでもライブにはいちばん数行っているし
(というかそもそもライブハウスデビューしたのがピロウズだし!笑)
一切の不安もない、心底信頼しているバンドはピロウズしかないと躊躇なく言える。

たった4年だけど それだけの思いを込められるバンドに出会えたことを心から感謝する。



それはひとえに

山中さわお という人の意思と生き様が培ってきた軌跡への尊敬が導いたもの









[PR]

# by sr-moko | 2013-07-20 10:43 | the pillows | Comments(0)